日本人は礼儀を重んじます。
外国では快気祝いはしません

日本人は礼儀が正しいとよく言われます。
私たちは国の中で生活をしているのでそれが当たり前だと思っています。
外国人から見るとそうではなさそうです。
今の日本人も礼儀の正しさには定評があるようです。
日本人と外国人の違いは沢山あります。
挨拶だけをみても日本人は背筋をまっすぐにのばし腰から曲げて礼をします。
外国人は握手し抱擁を交わします。
このように慣習が異なります。
日本では病気で入院し退院後見舞って下さった方に全快の印として快気祝いを贈ります。
地方や世代の違いこそあれ何らかの形で返礼します。
しかし外国では快気祝いという風習自体が無いようです。
捉え方にもよりますがお互いが理解し合っていれば快気祝いがなくても構わないでしょう。
人はもので付き合っているわけではありません。
礼儀も大事ですが心から付き合うこともとても大事です。