地方では快気祝いの風習を重んじます。
気を付けましょう

日本の長い歴史で人々の生活に根付いてきたものは幾つかあります。
農耕・仏教・正月行事など今も数多く残っています。
範囲を狭めてみると地方や地域ごとの風習があげられます。
風習は今の時代言われなくなりつつありますが儀礼を重んじる地域に多く残っています。
冠婚葬祭には特に風習が言われます。
知らずにいると後で困ることが起こる可能性もあります。
病気で入院し見舞ってくれた方に退院後快気祝いを贈ります。
自分では見舞金の3割程度の返しで良いと思っていても、実際には地域の風習で半分の返しをしなければならなかったのです。
これが噂になり病気で疲れた身体に余計に負担が掛かってしまったということもあります。
新しい所で暮らす場合は快気祝いなどの風習をある程度聞いておきましょう。