先方の経済状況も考慮して快気祝いが無くても良しとしよう

不況から脱却出来ない日本。
今後どのような道を進むのでしょうか。
一筋の光が早く見えることを望んでいる方も多いことでしょう。
混沌とした中、病気や怪我で入院を余儀なくされている方もいます。
自分から進んで病気になったり怪我をする方はいません。
仕事・家族があれば尚のこと早期回復を望んでいます。
会社側にとれば長期離脱されては仕事に支障をきたす場合、解雇に踏み切らなければなりません。
病気や怪我をして不幸にも失職した方を見舞う時は心ばかりのものを持って行きますが、快気祝いが無くても決して腹立たしく思わずそれで良しとしましょう。
病気をすると感じやすくなり、しかも失職となると心は想像以上に深く傷ついています。
ただお見舞いを頂いた方は家庭の経済状況で快気祝いが出来なくてもお礼の手紙を送り、近況を伝えることを忘れないようにしましょう。