高額の医療費を負担している場合があります。
快気祝いが無くても大らかな気持ちで

医療技術は日々進歩しています。
急速に発展する医療に私たちの身体が付いて行けるかはどうかは別として病気が治ることは良いことです。
治療にかかる金額は病気にもよりますがかなり高額になります。
そこへ個室に入ると部屋代は実費で負担しなくてはなりません。
個室利用をしなくて済む病気や病人であれば助かりますがそうも行かないのが世の常です。
そのような中へお見舞いに行き心ばかりのものを渡します。
病人にとっては嬉しくもあり、助かった気持ちが正直なところでしょう。
お見舞いをする方は後の快気祝いが無くても病人をゆるす大らかな気持ちでいましょう。
高額の医療費を支払うことは病人や家族にとってかなりの負担になります。
そのことを十分理解した上で快気祝いを気にせず、これから先も変わらずに付き合って行きましょう。